フアン・ベラルデ

パイロット情報

パイロット遍歴

Race team

フアン・ベラルデはスペイン国内の同世代を代表するパイロットのひとりだ。Red Bull Air Raceの熱心なファンである彼は、初年度からフォローしていると告白している。B-747の機長だった父親の影響で飛行機に興味を持ち始めたマドリッド出身のベラルデは、2010年のスペインエアロバティック選手権で優勝した経験を持つ。

ベラルデは高校卒業後にアラスカ州・アンカレッジへ渡り、自家用機ライセンスを取得。その後スペインへ戻ると、グライダーの牽引の仕事に就きながら、民間機用ライセンス取得に向けた勉強をマドリッドとフロリダ州で続けた。1999年にエアロバティックをスタートさせると、その後まもなくしてエアロバティックスペイン代表チームに選出され、Sukhoi 29に搭乗。2004年から2011年にかけて開催されたすべてのヨーロッパ選手権、世界選手権に参加した。

2006年には単座のSukhoi 26へ乗り換え、2007年の世界エアロバティック選手権ではチームを2位に導いた。2008年以降、Red Bull Air Race参加を目標にしながら世界各国でソロとフォーメーションのパフォーマンスを披露し続けていた彼は、2014年、ついにその長年の目標に到達した。

チャレンジャーカップで実績を積み重ね、2015シーズンからマスタークラスに昇格。3年目の2017シーズンは開幕戦アブダビで自身初となる表彰台を獲得した。